うつ 病のセックスレスで悩む人必見【誰もがかかるかも知れない症状】

サイトメニュー

性欲が減退しやすいです

医者と看護師

まずは医師に相談しよう

うつ病は意欲や気力が著しく減退したり、体のだるさや疲労感、不眠、食欲不振などの症状が見られるため、精神神経科の病院やクリニックを受診して治療を受けている人が増加しています。喜びや楽しみなどの喪失感を感じているため、趣味や娯楽、旅行などを楽しめなくなることもあります。夫婦間はもちろん、カップルの場合でも、セックスは大切なコミュニケーションのひとつですが、うつ病に罹ると性欲が著しく減退してしまい、男性の場合はED気味になってしまったり、女性の場合は性行為に関心が乏しくなったりします。病気の症状が重くなるとセックスレスの原因になってしまい、夫婦間やカップルの関係が悪くなることもあります。パートナーがいる場合は、不安や悩みなどを相手に理解をしてもらい、根気よく治療を続けることが大事です。うつ病に罹ると抗うつ剤や抗不安薬、睡眠導入剤などを、処方してもらっている人が多いですが、薬の副作用が原因で性欲の減退が見られることもあります。辛い症状で悩んでいる場合は、精神神経科の医師に相談をすることが大事です。比較的副作用の少ない薬に変えてもらったり、十分な休息や睡眠を取ることで改善するケースもあります。セックスが出来ないと悩んでいる人は、恥ずかしいことではないので、医師に悩みを打ち明けることが大事です。一般的なうつ病の場合は、憂鬱な気分が長く続いたり、不眠や食欲の低下などが原因で、セックスに関心が乏しくなることがあります。新型うつの場合は、趣味や娯楽などを楽しんでいる時は気分が良くなることが多く、比較的症状が軽い場合は、セックスが出来る人も存在します。うつ病に罹ると普段よりも体が疲れやすいため、セックスが出来る場合でも無理はしないほうが良いでしょう。セックスレスなどで悩んでいる場合は、精神神経科の医師がカウンセリングに時間を掛けてくれます。大変デリケートな問題なので、医師に相談しにくいと感じている人もいますが、恥ずかしいことではないので、悩みを聞いてもらうことが大事です。内服薬を服用したり、カウンセリングなどの精神療法を受けたりすることで、半年から1年を過ぎると辛い症状が改善することもあります。うつ病の症状が軽くなってくると、夫婦やカップルの間でセックスが出来るようになるため、根気よく治療を続けることが大事です。将来はお子様を授かりたい人には、大変深刻な問題なので、医師にアドバイスを受けることが大事です。うつ病が原因でED気味で悩んでいる場合は、心因性のストレスが原因の場合がほとんどです。十分な休息や睡眠が必要な病気なので、しっかりと養生することが大事です。

Copyright© 2018 うつ 病のセックスレスで悩む人必見【誰もがかかるかも知れない症状】 All Rights Reserved.