うつ 病のセックスレスで悩む人必見【誰もがかかるかも知れない症状】

サイトメニュー

病気が回復すると改善する

悩む女性

夫婦間の悩みを相談しよう

うつ病に罹ると、倦怠感や頭痛、不眠や食欲不振などの身体症状や、意欲や気力が著しく減退してしまい、無気力になってしまうこともあります。本人にとっては辛い症状なので、結婚をしている人は身体の不調が原因で性欲が減退してしまい、セックスレスになることもあります。男性の場合は勃起不全や勃起障害、女性の場合はパートナーと一緒にいても、性欲を感じなくなることも多いです。精神神経科の病院やクリニックに通院をしている人が増えていますが、セックスの悩みは恥ずかしいことではないので、医師に相談をしてみると良いでしょう。うつ病には抗不安薬、抗うつ剤、睡眠導入剤などは優れた効果が期待できますが、医薬品には多少の副作用があるため、性欲の減退などの原因になります。うつ病に罹ると食欲不振や睡眠不足などが原因で、体力が落ちていたり、疲れやすくなっていたりします。セックスは夫婦間やカップルには、大切なスキンシップのひとつですが、体力を必要とするため、性欲減退によるセックスレスは避けられなくなっています。パートナーに申し訳ないと感じている人もいますが、自分を責めてしまうと病気の回復が遅れてしまうこともあります。パートナーとよく話し合い理解をしてもらうことが大事です。精神神経科の病院やクリニックでは、うつ病の症状が原因で精力減退やセックスレスの悩みを持っている場合は、不安や悩みを聞いてくれるので相談をしてみると良いでしょう。うつ病の症状が重い場合は、まずは治療に専念をすることが大事です。薬の効果が出てきて、症状が改善してくると性欲が出てきて、セックスに関心を持てるようになります。病気が回復してきても体力が必要な行為なので、無理のない範囲で行うことが大事です。性行為が出来ない場合は、体を触れ合ったり、手を握るなどのスキンシップを取るだけでも、パートナーと愛を深めることが出来ます。うつ病の症状が回復してくると、薬を減薬してもらったり、軽い薬に変えてもらうことも出来るため、勃起障害や性欲の減退が改善することもあります。夫婦間に亀裂が入っているのではなく、うつ病が原因の場合は病気の症状が改善すると、セックスレスが解消することもあります。うつ病は良くなったり、悪くなったりを繰り返しながら、少しずつ回復する病気なので、無理をしないことが大事です。パートナーと時間を掛けて話し合いをして、辛い気持ちを理解してもらうことで、気持ちが軽くなります。精神神経科の病院やクリニックでは、デリケートな夫婦間の悩みも相談しやすいです。

Copyright© 2018 うつ 病のセックスレスで悩む人必見【誰もがかかるかも知れない症状】 All Rights Reserved.